2010年08月14日

涙が止まらなかった



今年も、終戦の日がやってきます。


原爆投下の日から、終戦の日まで、マスメディアは連日
戦争に関する番組を流し続けています。


わたしも、できるだけ戦争の事を知るためにも
見られる範囲で、見るようにはしていますが、
全くもって不十分な知識だということは自覚しています。


それでも、毎年、
自分が産まれ育った日本で起こった事実を
出来るだけ知るため、見られる範囲で見聞きするようにしています。



そう思うようになったきっかけは数年前です。

旅行で、九州を訪れたとき、
ちょっと遠かったのですが、鹿児島県知覧にある
「知覧特攻平和会館」に行きました。


知覧特攻平和会館は、太平洋戦争末期に編成された
大日本帝国陸軍の特別攻撃隊に関する
写真、遺書などの遺品約4,500点、
特攻隊員の遺影1,036柱などが展示されている施設です。


実際、本当の事を言うと、
行くまでは、さほど思い入れも無かったし、
ひとまず見ておこう・・という安易な気持ちでした。


でも、不思議でした。

館内に一歩、足を踏み入れ、2〜3歩歩いた頃でしょうか?
突然、涙が溢れて止まらなくなりました。

特攻に旅立った人たちの写真や遺書を、
まじまじと見る前から、涙が溢れてしまいました。

なぜなら、その館内を包んでいる、
魂の空気に押しつぶされそうで
ボロボロ、ボロボロ、涙が溢れてきたのです。


結局、館内を見て回り、外に出るまで、
1秒たりとも、涙が止まる瞬間はありませんでした。

特にその日は、遺族の合同慰霊祭があり、
私の後ろで、遺族が「ほらっ、あれ、お兄ちゃんだ」と
写真を指さし、ハンカチで目頭を押さえていました。



いまだに、
なんであんなに泣いたのかは分かりません。


戦争がいけない・・とか、
戦争は残酷だ・・・とか、


そういう涙では無いと思います。


ひとくくりに、「戦争で亡くなった人たち・・」と
考えれば、その1人ひとりの命の痛みが薄れてしまいます。


でも、1人ひとりの顔や、直筆の遺書や遺品に、
その人の人生と、彼らを包んでいた家族や
大切な人たちの人生を感じてしまうことで、


1人の人間が、そこにいたことを実感させます。


つまり、私は、
彼らが「生きていた」ぬくもり
を感じてしまったのでしょう。


戦争や特攻を美化したりはしません。


でも、あの時代に必死に闘った1人1人の命を痛み、
泣くことは許されると思います。





posted by yoko.goto at 00:12| 神奈川 ☁| 社会のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。