2010年07月17日

ハマのメリー 〜真っ白な娼婦〜




私が10代の頃、横浜の伊勢佐木町や関内が生活圏でした。
その伊勢佐木町で、2〜3度みかけた老嬢。


それが、" ハマのメリーさん”



背の低い、おばあちゃんで、そのしわしわの顔は、
真っ白におしろいが塗られ、フワフワのフリルのドレス姿で、
いつも、ベンチにうなだれるように下を向いていました。


「あれが、有名な娼婦、メリーさんだよ。」と、聞かされていました。
メリーさんは、終戦後、進駐軍兵士相手の娼婦だという噂でした。


本当かどうか、分からない噂ばかりが流れ、
結局、誰も本当のメリーさんの事は分かりませんでした。


伊勢佐木町に出没するメリーさんですが、
いつも、いるわけではないので、
メリーさんを見た日は、なんか特別な気がしたものです。

メリーさんの周りには、ゾクッとするくらいの空気が流れ、
一度、そのお顔を見ると、瞳をずらすことが出来なくなるほどの
迫力がありました。


その後、人知れずメリーさんは姿を消し、
横浜に住む、私たちの記憶から薄れていきました。



このメリーさんを15年間演じ続けている1人の女優さんがいます。(五大路子さん)

今年は8月13日・14日・15日・16日の全5公演が予定されていて、
(みなとみらい・赤レンガ倉庫1号館3階ホール)

この講演に先駆けて、赤レンガ倉庫では、
横浜在住の写真家、森日出夫さんの写真展が行われていました。


タイルの壁面一杯のメリーさんと、私は、久しぶりに出会いました。


10代の頃、どうして、メリーさんが、あそこに座っているのか?
なぜ、化粧を落とすことは無かったのか?

なんて、メリーさんの気持ちなんて、考えもしない程、幼かったわたし。



しかし、今になって、

何故、メリーさんは、あの姿で座っていたんだろう?
・・と考えずにはいられません。



戦中、戦後を命がけで生きた女性として、何を考え、何を想っていたんだろう?

終わったはずの戦争の残像を引きずっていたんだろうか?

変わっていく横浜の風景を、どんな気持で見ていたんだろう?




今、そう考えることはできますが、

今でも、私にはメリーさんの想いを
正確に理解はできていないと思っています。


メリーさんは、そのたたずまいそのものが、横浜の風景でした。



▼写真展を撮影

IMG_0280.jpg


IMG_0279.jpg


IMG_0281.jpg


posted by yoko.goto at 22:04| 神奈川 ☁| 横浜のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

横浜スタジアム#2


プロの野球(スポーツ)選手というものは、

"野球が得意で大好きな少年が、
並々ならない努力のすえに実現する
華麗な職業”

ですが、

よく考えてみれば、不思議な存在です。



アマチュアの時は、野球が上手なお兄さん。

プロ選手になると、それを観戦する人が
そのパフォーマンスにお金を払ってくれます。


目に見えるものを売って対価をもらう『商い』は、
製造方法が安定してしまえば、
常に、安定してものを作ることができます。

しかし、プロ野球選手は、ファンの人たちに
それを安定したパフォーマンスで
興奮や感動を与え続けなければならない
大変な職業だということも言えるでしょう。



野球場で生で野球観戦をすると、
テレビ越しに応援するのとは全く異なる
リアルな感動を体験できます。

何万人もいるファン同士が、
選手のプレーに、一斉に息を呑み、
呼吸をあわせるように一喜一憂します。


一人で応援するよりも、大勢で応援していると
まるで、自分と同じ価値観を分かち合えているような
充実感を感じることさえできます。


そんな思いをしたくて、球場には沢山のファンが集うのです。


また、もう一方ではこんなことも見えます。

シートに座ると、否応なしに目に入る
グラウンドを囲むように並ぶ、企業の広告看板。

沢山の、球団オリジナルグッズ。

ちょっと高めの自動販売機と売店の数々。


観客は看板を目にしたり、
ものを購入することで球場にお金を落とします。


そして、これらを含め、試合前後の数時間を楽しみ
試合に熱狂し、爽快感と充実感をあじわい帰ります。


プロ野球選手は、試合を見せることで
ファンに感動や興奮を与えてお金をもらっているだけでなく、
これら、スポンサー企業の広告の場や
球場に付随するビジネスを生み出している

やっぱり、不思議な職業です。


(隣で野球のうんちくをしゃべる夫の
 話を聞いているふりして、
 こんなことを考えていました)

▼横浜スタジアムの公園は、キレイな花で一杯でした。


DSC_0015.jpg
posted by yoko.goto at 23:56| ☀| 横浜のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

横浜スタジアム



久しぶりに、横浜スタジアムに野球観戦。

地元球団である、横浜ベイスターズが優勝したシーズンごろは
かなり観戦していましたが、最近はめっきり遠のいていました。

でも、思い起こせば、あれから12年も経つんですね。(恐ろしい)


久しぶりの横浜スタジアム。
横浜VS広島カープ。

GWということもあり、かなりの人手でした。


横浜スタジアムの歴史は古く、さかのぼること1974年(明治7年)。
居留外国人のクリケットグラウンドが始まりです。

1948年(昭和23年)、日本プロ野球初のナイトゲームが開催。
1952年(昭和27年)、駐留軍の接収が解除され横浜市に変換。
1977年(昭和52年)、株式会社横浜スタジアムが設立され、現在の形に。


横浜市民にとっては、象徴ともいえるスポーツ施設です。


久しぶりの球場は、見た目はほとんど変わりませんでしたが、
エンターテインメント性がかなり変わっていて
試合以外の所でも、観客を楽しませるための
コンテンツが盛りだくさんになっていて驚きました。


球場に観客を呼ぶために、球場運営側の苦労の賜でしょう。


ただ、球場自体のハードや、
球場から見える横浜の風景は
まったく・・といって良いほど変わりません。


1塁側のスタンドから見える風景は、相変わらずです。

ちょうど目の前に、横浜市庁。
その奥に、関内の駅前ビルCERTE。
その右横奥に、神奈川県警ビル。
ず〜っと右に視線をずらすと、ランドマークタワー。


大きなビル群で視界をふさがれるわけでもなく、
夜のネオンの数が増えるわけでもなく、


私が学生の頃から知っている横浜・関内です。


でも、それが妙に落ち着いて、しっくりきます。

何年たっても変わらない横浜・関内を
何度も何度も探しながら、
横浜にひたる・・のが私の横浜の楽しみ方です。


試合後は、もちろん中華街へ。
メインストリートからはずれた路地の
お気に入りの上海料理屋さんへ。

観光客はなかなか、入らない、安くておいしいお店。

混むと嫌なので、ブログに書かないで内緒!



DSC_0024.jpg


DSC_0027.jpg


DSC_0032.jpg
posted by yoko.goto at 22:09| ☀| 横浜のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

Made in YOKOHAMA.


最近、"横浜らしさ”を探しています。


東京ほど、大都会でもなく、
かといって、田舎でもない。

人口の多さから見れば、十分大都会ですが、

東京と比較すると、とてもおとなしいです。

横浜には、新宿や渋谷みたいな大きな繁華街がなく、
大きなターミナルステーションである「横浜駅」でさえ、
夜の10時をすぎれば結構、ひっそりしたものです。


世間を騒がせるような大きな事件も起こらないし、
街を歩いていても、そんなにゴミゴミせず、
なかなか、シックな街です。



横浜に住んでいると、住みやすいし、とても快適ですが、
ビジネスとなると、結構、保守的な部分が・・・。


あまり、冒険をしないというか、
東京の企業さんみたいな、
アグレッシブさよりも、
上品で、とても清楚な、
常識的なイメージの企業さんが多いです。


なので、六本木ヒルズに集合する
きらびやかな企業というよりも、
地元に根付いた老舗の企業が多い・・という感じです。

現に、横浜でビジネスしている私たち自身でさえ、
8割くらいが、東京のお客様で構成されています。

ちょっと、ビックリですね。exclamation


だからこそ、

今こそ、


横浜でビジネスをする私たちこそ、
せっかくの素晴らしい「横浜」という
ブランドイメージをフルにいかして、

"横浜らしい”企業になりたい・・と思っています。


保守的で、常識的な静かなイメージと、
歴史を積み重ねた中から、
新しい未来の形を想像する躍動的なイメージ。


そんなブランドイメージを創っていきたい・・のです。

Mede in YOKOHAMA.

と、自信満々にプレゼンするイメージです。


(横浜港からみるベイブリッジやみなとみらい
 氷川丸が観光スポットではありますが、

 横浜に住んでいる私的には、

 横浜港といえば、埠頭にとまるコンテナ船。

 夜になると、埠頭を照らすライトが、
 朱いオレンジに染まりキレイです。

 昔は繁栄していた港湾の仕事が、
 今では、昔ほど華やかでは無くなり、

 かなり、せつなくなる感じが好き。

 赤レンガ倉庫だって、昔の方が渋かった!)
 

DSC_0007.jpg
posted by yoko.goto at 23:55| 🌁| 横浜のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。