2010年08月10日

基本は、"わたしはあなたの事が知りたい”



仕事明け、

どんなに遅くなっても、
どんなに疲れても、

すがすがしい商談の後はブログを書きたくなる。


本日、夜7時からの最後の商談は、
東京にある歯科医院様。


患者様の立場に立ち、より高度で、より丁寧な
診療を心がけているDRの話は
本当に、勉強になったし気持ちが良かった。




わたしは、お客様と話しているときに、
いつも、二通りの感覚を味わう。

私が、一方通行でインタビューをし、
それにクライアントが答えるパターンと

私とクライアントが双方向から
質問をしあいながらディスカッションを深めるパターン。


もちろん、私は後者の方が好きだ。


話は、どんどん深みに入っていくし、
当初は予定していなかった副産物まで
話の中から得られるケースが多い。


そして、こうなると、
たった1時間半くらいの商談で、
すっかり信頼関係を構築できるのだ。



コミュニケーションは、「認識」「認識」のすりあわせ。

相手の「認識」を、きちんとキャッチして、
相手が何を考えているか?を深く理解する。

相手の「認識」について、理解できないようであれば
さらに、情報を得るために質問を重ねる。


その質問の精度が高ければ高いほど、
両者の「認識」は、理解しあっていく。


基本的に、インタビューを含めたコミュニケーションは、

「わたしはあなたの事を知りたい」

というシンプルな感情だと思う。


インタビューにだって、
人間関係の構築にだって、
恋愛にだって、

すべて共通する、極めてシンプルな感情だと思う。

だからこそ、相手を知るために、
沢山の言葉を重ねなきゃいけないし、

知りたい!と思わないと、相手に近づけない。





posted by yoko.goto at 00:58| 神奈川 ☁| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

先生が描いてくれた道




実家に久しぶりに帰ったら、看護学生の時の
卒業アルバムを見つけました。

懐かしいなぁ・・・と思い、
仲の良かったお友達を見た後で、

当時、お世話になった先生を眺めました。



この先生怖かったなぁ・・とか、
この先生の授業は分かりやすかったなぁ・・とか、
この先生の臨床実習はきつかったなぁ・・とか。


その先生の癖まで、思い出されるようでした。


基本的に、義務教育や高等教育とは異なり、
専門教育なので、先生はあまり余計なことは云いませんでした。


「勉強が足りないわよ」とか、
「予習してきなさいよ」とか、

そんなことは、云わずに、


「来週から、病棟実習だから、
 患者さんにご迷惑のかからないよう万全の準備をするように」

そんな程度です。


今考えると、専門職としてプロフェッショナルな資格をとるため
学習しているんだから、人から言われなくて学習するのが当たり前。


そんな、暗黙のプレッシャーが漂っていたような気がします。

現に、学習上で分からない事があり聞きに行くと、
キャリアのすごい先生ほど、答えや考え方を簡単に教えてくれませんでした。


全く学生にこびることはなく、
一緒に図書館に移動し、

さっと、

“これと、これと、この本読んでみれば”

と、云うだけでした。


でも、云われた通りに指定の本を読んでみると、
自分が知りたい答えが見つかることが多かったのを覚えています。

次からは先生に聞きに行く前に、
図書館で自分で調べる癖がつくようになりました。


そんなクールな先生の事ほど、強く憧れたものです。


そんな、私が強く影響を受けた先生が
よく云っていました。


「上へ、上へ、学びを続けなさい」


学生の頃は、


目の前の単位を取ることで
精一杯で、なんとも思いませんでした。

しかし、

卒業後、数年間の臨床経験を経た後、
その先生の言葉が布石だったかのように、
看護教育の道に進む事を選びました。


当時は、それほど、自分自身に大きな影響を
与えているとは思ってはいませんでしたが、


今振り返ると、先生が描いてくれた道を
わたしは、まんまとなぞったような気がしています。




その時は気づかなくても、
あとで、その人の残した道しるべに
感謝することがあります。


わたしも、誰かの道しるべを立てることが出来たか?

振り返ってみたりした、夏の日でした。






posted by yoko.goto at 00:00| 神奈川 ☀| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

気持のよい仕事





忙しい仕事に忙殺される日々の中、
時々、"あ〜、仕事が気持ちよいなぁ”と感じさせる
仕事をしてくれるお客様と出会うと、

本当に爽快感を感じる時がある。


"気持がよい”と感じさせる相手は、


  ◆時間の使い方が効率的

   急な依頼は、よほどの事が無い限りしてこない。

   予め、余裕をもって、
   確認のステップを踏んでオファーする。

  ◆メールの使い方が上手い

   急な依頼がないので、メールでのやりとりがメイン。
   記録に残るし、回答する側もしっかり回答できるため
   精度の高いやりとりが積み重なる

  ◆指示が明確

   何を、どのようにしてほしいか?
   書面に理路整然とまとめてある。

   ほとんど、追加で確認することは無い。(あっぱれ)

  ◆リターンも早い

   確認のメールに対する返事が速やか。
   そして的確。再度確認する必要もない。


  ◆ジャッジがぶれない

   一度決めたことは、2点・3点しない。
   きちんと詰めてからジャッジしているため、
   あとから、方向性が変わることがない。
   よって、無駄な作業は走らない。

   もし、途中で変わっても、「変更」ではなく「追加修正」。
   「追加修正」であるため、コストを計算してくれる。
   


ここまでくると、お見事!


どれだけ効率よく、時間が有意義に使えるのか・・・。
本当に、"気持のよい仕事っぷりだ。"


忙しい、忙しい・・・と繰り返すよりも、
その忙しさを1/2にできるような工夫を考えることの方が
ずっと尊いと思う。


24時間は、私にとっても24時間。
誰かにとっても24時間。

25時間持っている人なんて1人もいない。



だったら、その中身を工夫するほか無い・・のが
わたしたちの24時間だ。





posted by yoko.goto at 22:47| 神奈川 ☀| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

泣きたくなるぐらいやさしい




商業主義の世界では、

お互いがお互いの利益を模索し、

取引を展開します。



"金の切れ目が、縁の切れ目”ではないですが、
お互いに、メリットが無くなった時点で、
関係は希薄になり、しだいに消えて無くなっていきます。



とてもシビアで、とても厳しい。

だからこそ、

どちらかがメリットを提供し続けなければならないし、
次から次へと現れるライバル企業に負けない
提案力を身につけなければなりません。



常に、気持をトップギアに入れ続けていたのに、
一瞬、ニュートラルに入れた瞬間に
足元を救われる場面もあるから、
気を抜くことができません。


でも、長くビジネスを続けていると、
時々、自分たちを包む、大きな力に出会うことがあります。



それは、利益や打算を上回るほどの、やさしい手です。


私たちのチャレンジに、無条件に力を貸してくれ、
温かく見まもってくれるやさしい手です。



自分たちが、真剣に取り組んでいるからこそ、
さしのべてもらった手には、深い深い感謝の気持ちを
重ねてやみません。


そしてこれから、どうやって恩返しをしていこうか?
そう、くり返しくり返し心に約束します。


これから先も、こんな人に出会えた事に感謝し、
全力でビジネスに取り組んでいくでしょう。





やさしさの重量は、これまで歩んできた人生によって
その重さの感度が変わってくるような気がします。


今、私が感じている重量は、
「泣きたいくらいにやさしい」。
そんな重さです。




わたしは、これから先、
誰かに、こんなやさしい手をさしのべることができるのだろうか?
やさしさの連鎖をつなぐことができるだろうか?



posted by yoko.goto at 23:41| 神奈川 ☔| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

窓からみえる風景は、



初めてご訪問する客先で、
必ずしてしまうことがあります。


それは、


商談室から見える「風景」を確認すること。


商談に使われる部屋は、大体、会議室や応接室。


そこで働く社員さん方のMTG roomだったり、
商談用のスペースだったり、まちまちですが、

その部屋に「窓」がある場合は、
必ず、その窓からどんな風景が見えるのか?
試してみたくなります。


商談室に案内され、担当者が揃うまでの数分間。
ブラインド越しに、どんな風景が広がるのかを
確認したくなるのです。


背の高い建物なら、もちろん眼下に街が広がっています。
隣の建物と密着している建物なら、向かい側の建物の
壁が目の前をふさぎます。


山手線が目の前を横切ったり、
高速道路が眺められたり・・・。


色んな風景に出会います。



ここで、働く社員さんは、経営者さんは、
"こういう風景を見ながら仕事をしているんだ・・”と
考えながら、その企業のパーソナリティを知るための
ウォーミングアップをしているのです。



過去の経験の中では、海を見ながらの商談が、
いちばん良かったなぁ・・・。

海、海、海、、、に行きたい・・・。



posted by yoko.goto at 23:43| 神奈川 ☁| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

足す"ことば”



日常は、ケーブルTVを観ているため、
めったに、TSUTAYAに行くこともなくなった今日この頃。


「更新のお知らせ:このハガキ持参でDVD半額」


・・というハガキが届いたので、
"半額なら・・”と、久しぶりにTSUTAYAに。


ひとしきり、棚を物色したあと、2本のDVDを借りレジへ。


メンバーズカードの更新の後に、お会計を待つ間、
レジのお姉さんがひと言。


「他に、見つからなかった商品などございませんでしたか?」



   (ええ・・・!
    何?何?、、、気が利いてる揺れるハート



これまで、何度もこのTSUTAYAに来たのに、
こんなこと聞かれなかった・・・。

言い方をみると、どうも接遇マニュアルに追加されたようで、
会計中には、確認することになったようです。


通常、

HMVでは、探しているCDを検索できる端末があり、
ボタン一つで、検索と予約用紙がプリント。

書店でも、探している本を検索できる端末があり、
ボタン一つで、在庫の有無と置いてある棚の番号がプリント。


欲しい物が「あるのか?無いのか?」は
コンピューターのデータベースですぐ確認ができます。

なのに、TSUTAYAではそれができない。
(大きな所にはあるのかもしれませんが、
 私が通っている所には無い)


どうしても観たいものは、店員さんに探してもらいますが、
そこまでして探さなくて良いタイトルは、
結構、すぐにあきらめてしまいます。


今日は、あのお姉さんのひと言で、
「会計の時に、聞いても良いんだ・・」と、
私の脳にインプットされました。


追加することばと、そのタイミングには、
結構、ちょうど良い加減があります。

しつこいと、うざったがられ、
ドライすぎると、お客さんの訴求を促せません。


どのタイミングで、どのことばを足すのか、
日頃から、難しさを感じる時もあります。


仕事の日常の中で、
もうちょっと、ことばを足すことで、
隠れていたお客さんの訴求を
引き出すためことができるのであれば、

『どのタイミングで、どのことばを使う?』か、

常に、足すことばを見直していく必要があることを再認識しました。





そんな事を考えながら、TSUTAYAを出たとたん、


   「あっっ!!!」


今、観たいDVDを探していたことを忘れていました。
"見つからないDVDあったじゃん・・・”
 お姉さんに聞けば良かった・・・。


(ちなみに探していたのは、キム・ギドク監督の
 "魚と寝る女”。
 キム・ギドク監督作品で、まだ見ていない一本ですが、
 無いんですよね・・・。)




魚と寝る女~The isle~ [DVD]

魚と寝る女~The isle~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD




posted by yoko.goto at 23:13| 神奈川 ☔| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

心を開くまで1秒




わたしは、

初めてお会いするお客様との商談では、
約1秒で心を開くように努力しています。


今日も、、、、
初めて会ったのに、

「はじめまして〜」


と、軽くあいさつを交わした後、数秒後には


『昨日、サッカー生で観たんですか?』


・・・と、思わず聞いてしまいました。


さすがに、相手もビックリしていましたが、
これが、私流なんだなぁ・・と

改めて、自分の傾向に気づきました。



初めての商談は、お互いがお互いの間合いをみて、
かすかに緊張しています。


その距離間をグッと近づけるために
必要なのが「クロージング」。


通常、クロージングトークは、
商談の最後にだめ押しで行うものですが、

私の場合は、最初と最後、両方に来ます。


そのため、商談開始まではキョロキョロと
周りをながめながら、情報収集。


これっ!と思ったネタですかさずTALK。


距離感が縮まるだけでなく、


『私は、あなたに心を開いていますよ』
というアピールをしています。


自分から心をひらけば、
相手もゆっくり開いてくれる・・と
思っています。

posted by yoko.goto at 23:56| 神奈川 | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

人とつながる距離




ようやく始めたTwitter

まだ数日なので、様子を見ながら始めています。

これまで、仕事用のブログは数年間続けてきましたが、
ミクシィなどホビーユースのコンテンツは
やってきませんでした。


仕事に関連するからこそ継続できる、のが
私の特性であり、自分の趣味や嗜好では
続ける勇気がないのでやってきませんでした。


Twitterも、

最初はホビーユースのコンテンツかと思い、
手をつけませんでしたが、

著名人や政治家さんの使い方をみていて、
十分ビジネスに活用できるだろう・・と感じ、
ようやく、始めてみました。


まだ、初めて数日なので、
まだまだ、体感できるところまでは
きていませんが、じわじわと・・・

有意義に活用できそうな気はしています。

実際、私はブログと連動しているので、
Twitterを開始してからACCESSは
単純に倍になりました。


そういう意味では、すでに軽く体感しているかも知れません。

Twitterをながめていると、不思議な感じがします。


人と人とが数珠繋ぎにつながっていくのですが、
そのサークルは、さほど閉鎖的でもなく、
妙なストレスや、プレッシャーもなさそうです。


むしろ、秩序を保って、自分の「つぶやき」と
他人の「つぶやき」を楽しんでいるように見えます。


日本は世界で2番目にTwitter人口が多いそうですが、
その平均年齢は35歳くらいで、
若干、大人の人たちのツールのようです。


(秩序だってみえるのはそのせいなのかな?)


人と人との距離とは、本当に難しいものです。

近くなればなるほど、

良くも悪くも影響力を与えあい、
その分、互いが気を遣いあうことも必要で、
なにかの拍子にひずみが生まれる事もあります。


対人関係になやんだり、
恋人や夫婦の関係が破綻することもあります。

それだけデリケートな人間関係の構築なのに、
全く接したことのない人たちが「つぶやき」と通じて
交流するなんて本当に不思議です。


人と人とがつながる距離は、

ある一定の温度が最も安定しているのかな?


熱すぎず、冷たすぎず、


人間の体温のように、36度くらいなのかも知れません。





posted by yoko.goto at 23:26| 神奈川 | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

デスク力



私は、デスクが散らかっていると仕事ができない。


デスクが散らかっていると、
頭も、心も散らかっているようで、
集中力も、想像力も、なにもかも
上手くいかない。


ので、


デスクが散らかっていたら、
必ず整理整頓してから
仕事にかかるか、

散らからないようなデスクにしておく。


なので、意外といつもデスクはキレイ。


散らからないようにするためには、

"散らかっていけない場所と
 散らかってもよい場所を分けておくこと。”


右利きの私。
PCを中心に右側は、文房具。

ボールペン、マーカー、ホッチキス、のり、定規。
これは、すべてとりやすいように配置しデスクの上。

ワンアクションで取りだせる位置に。

クリップや消しゴムや付箋など、
細々した物は、引き出しの中。
100円ショップで買った仕切をつけ
すべて小分けに配置して取り出しやすいように。

引き出しの二番目は、散らかしても良い場所。
ちょっと捨てられないものなどを、ゴチャッと入れておく。
ここは年末の大掃除で入らない物を一気に捨てる。

PCの左側は、案件の資料ファイルと電話機。
(左手で受話器をとるので)


案件のファイルは、案件単位でクリアファイルに。
ほとんどペーパーレスなので入れる物もないが、
お客様から送られてきた物などを入れておく。

このファイルの中も散らかっていてもOK。

ただし、クリアファイルの並べ方は整理整頓。

アプローチ中→未着手→進行中→回答待ち中→保留

この順で並べ、仕切をつけて分別。

常に動きのあったものから手前に並べるので、
動きの無い案件がすぐわかる。

一つの案件が終わったら、クリアファイルは終了(解散)。
入らない物はシュレッダー。
お客様に返すものは返却。




こうしておくと、動いている案件と
動きの止まっている物がわかり、
頭も整理でき、焦る気持ちも落ち着く。


特に大事なのは、お仕事にはなっていないけど、
商談などをしたお客様のクリアファイル。

定期的に整理してみて、
お客様に興味のありそうな事があれば
メールなどで連絡してみる。

このゾーンが、なかなか捨てられない。

ず〜っと持っていると、数年後電話がきたりするから・・。



とにかく、仕事の効率化を図るために、
1秒単位で時間を短縮できるように、
デスクまわりの整理整頓は大事。

もっと、もっと、良い方法が無いかな?
デスク周りには、非常にどん欲なわたしでした。


posted by yoko.goto at 23:56| ☔| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

電話力



実は、わたしはケータイがきらいです。

いや、嫌いというか、
仕事ではあまり重要視しない、
とでもいいましょうか。


とにかく、仕事ではケータイを使って
やりとりをしない・・・ということ。


それには、私なりの理由があります。


私は、お客様と電話で話すときは
300%、集中します。

"相手が何を言おうとしているのか?”
"それに対して、自分は何ができるのか?”


を、脳をフル回転して話すのです。


それなのに、

移動中、歩きながら、電車のホームで、カフェで・・・

は・・・無理・・・。


PCを広げて、ノートを広げて、資料を開いて・・。

なんて・・・できない・・・。


そもそも、本来であれば、固定電話の方が
電話料金も安いし(ただ友は除く)、
静かなところで話せます。

調べたいときは、目の前のPCで検索できるし、
これまでのクライアントの資料も、すぐ紐どけるため、
その場で、回答が出せることが多いのが


デスクでの電話。


なのに、外出先でケータイを使って話しても、
不自由なだけでなく、騒音で聞き取りにくかったり、
メモも取りにくいし、ストレスばかり。


例えば、外出中にケータイに出て、
「外出なので、あとでかけ直します」
といって、切って折り返すのも意味がありません。

それなら、メール一本入れてもらい、
帰ってからゆっくり答えるのと同じこと。

結局のところ、外出先でのケータイの意味がないので、
私は『電話はデスクでするもの』と決めています。


(もちろん、緊急時は例外)


それでこそ、時間をコントロールし、
時間を効率的に使うことができます。


多少、お客様に不自由をかけるかもしれませんが、
それでも、中途半端に電話対応するよりも

このスタイルの方が、
結果的にお客様に貢献できると信じてやみません。


そして、今日も。

私の耳にはケータイではなく、
BOSEのヘッドフォン。

そして、常にシアジュンスの歌声が流れています。

     かしこ

posted by yoko.goto at 21:56| ☔| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。