2010年07月11日

0と1になる活字



いつからだろう??


私は、フィクションの書籍をあまり読まなくなりました。
もっぱら、ノンフィクション(ビジネス本含む)ばかり。

最後に読んだ、フィクションは何だったか?なんて
全然、覚えていません。


わたしにとっての書籍は、
知識や情報を得るものになってしまい、
フィクション作品は映像でみるものになっています。



今日、お台場のビッグサイトの
東京国際ブックフェアデジタルパブリッシングフェア
に行ってきました。


デジタルパブリッシングフェアは、文字の通り、
電子書籍のソリューションが集まった
最新の電子書籍に関するイベントです。



これからの未来。

どんどん、書籍の電子化が進んでいきます。




手にずっしり重いハードカバーの書籍はiPadになり、
書店でお金を払って購入するのではなく、
データをダウンロードして読むようになります。


とても効率も良く、気軽に沢山の書籍を読む機会が
きっと増えて行くに違いありません。


ただその反面で、書籍独特の質感に触れることが
少なくなってしまうのは、
ちょっとだけ寂しい感じもします。


書店に入ると香る、真新しい紙とインクの臭い。
本を手に持ったときに感じる肌触り。
手垢のついていないキレイなページをめくる感覚。

特に、新刊書籍を手にするたびに
その中に詰まった情報を支配できる
充足感を感じたくて、ついつい買ってしまうのです。


そのうちに、こんな感覚に触れる回数が
少なくなっていくのかなぁ・・・。



いずれにせよ、
紙の書籍にしても、電子書籍にしても、

ページを開くと、新しい知識の世界に触れ
自分を成長させてくれることに違いはありません。


PCとインターネットが普及し、
急速に、私たちの生活や仕事が、
アナログからデジタルに変換されきたように、

書籍の世界も、これからどんどんデジタル化していきます。



活字が0と1の世界になったとき、
また、違った新しい世界が広がっていくのでしょうか?

ちょっとだけワクワクします。



ちなみに、今日は書店で1冊の本を買いました。

「ヤノマミ、それは人間という意味だ」

こう、本の帯にかかれたこの本は、

私をどんな世界に連れて行ってくれるのかな?
また、ワクワクしてきました。



ヤノマミ

ヤノマミ

  • 作者: 国分拓
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/03/20
  • メディア: 単行本











posted by yoko.goto at 00:34| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。