2010年06月15日

居眠り



埼玉からの帰り。

湘南新宿ラインにゆっくり、ゆっくり揺られ
電車のシートに座っていると、


途中駅で、のりこんできた20代のカップル。


買い物帰りなのか、大きな荷物を両手にかかえ、
私のシートの前に腰をおろした。


2駅分くらいすぎたところで、
二人は、一緒に目を閉じて居眠りをはじめた。

買い物でつかれたのか、こくりこくりと
同じタイミングで眠りに入る。


そのうちに、彼女はごく自然に
隣の腕をかかえ、彼の肩に頬をのせ
さらに、ゆっくりと眠りに落ちていった。


背中から日差しをうけた、その光景は、


あまりにもごく自然で、あたりまえの二人の日常に見えた。

安心して眠る二人の姿は
まるで、ママの胸で眠っている赤ちゃんのよう。


心をあずけているようにも見えた。



あたりまえの日常の、あたりまえの居眠り。


無防備な眠りの瞬間に、
心をあずけられる人が
隣にいることは、


本当は、貴重な事かも知れない。って思った。

ほのぼの。晴れ


posted by yoko.goto at 22:11| ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。